YMOには、みんなハマったよね♪

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

yukihiro ryuichi matsu_katsu


YMO RYDEEN – 雷電


YMO Propaganda


YMO World Tour80 FROM TOKYO TO TOKYO(70:32)


YMO LIVE at NHK(48:00)


YMO RYDEEN – 雷電(Japan, 1979)(04:19)


YMO – “Tong Poo” (Japan, 1978)(06:01)


YMO – BEHIND THE MASK 1979

FIRE CRACKER
BEHIND THE MASK
RYDEEN
TECHNO POLIS
TONG POO
PUBLIC PRESSURE
THE END OF ASIA
初期は曲名が全部英語だったんだけど、英語が出来なくても解りやすいのが多かったのが特徴かな。
T~ E ~C~ H ~N ~O ~P ~O ~L~ I ~S ♫ なんて今でも耳の奥から聞こえてくる。
英語の単語の問題でYMOの曲名出されたら、間違いなく書けちゃう(笑)

宇都宮にテクノポリスっていうのが田舎の方に出来たのもYMOの影響かも。
ピコピコ音楽とか、テクノポップとか、マスコミもわけわかんなく付けて煽って(笑)

そうそう、最初に買ったアルバムから、当時流行ってたインベーダーゲームが流れてきたのには驚いた。
で、それがだんだんと曲になっていくんだけど、あれは面白かったな。

ライヴにはタンスみたいにでっかいシンセサイザーの箱持ってきて・・・
松武秀樹が、なんか配線引っ張りだしてごにょごにょやってて。

YMOのLP集めから始まって、 矢野顕子、松武秀樹、渡辺香津美、クラフトワーク、とか、なんかいろいろ買っちゃったなぁ。 街中若い奴らはモミアゲ真っすぐに切っちゃって。今思えば、みんな変な頭してたよね。

終いには、スネークマンショーとか、パロディのLPまで買ってきて(笑)。 平和だったね。あの頃。

シェアする

フォローする