スペアボールの扱い

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

PF405B

四審がいない場合、試合中のスペアボールは、ファーストの副審に入れてもらう事が多いと思います。
しかし、ゴールキックやコーナーキックで、ファーストの副審がハーフウェイラインから遠い場合はどうしたら良いのでしょうか?

先日の試合で、こういうシーンがあった為、ベンチから出て、スペアボールを蹴って
中に入れてあげた所、隣の監督から
「蹴るな、手で入れろ!」と注意されました。

手で入れるか蹴って入れるかの良い悪いは、いったいどこで決めるのでしょうか?
距離の近い場合は手で選手に渡さなければ、危ないのでそれは理解出来ます。

距離の遠い場合、手で投げたのでは、途中で止まる場合もあります。二度手間です。
試合後、隣のチームの監督に

「何故、手なのか、遠くて手では届かない、足ではダメなのか?」

と聞いたところ、

「手で入れるのに決まってる」

とのことで、これ以上の議論は無駄だと思いました。

さて、どうしたものでしょう?