玉音放送

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

大東亜戦争終戦時

天皇の詔書の内容の解説

一、戦争目的の確認
  「帝国の自存と東亜の安定」

二、戦争終結の理由
  →戦争の不利と核兵器の登場
  →「我が民族の滅亡」のみならず
  →「人類の文明をも破却」

三、諸盟邦への「遺憾の意」
  →「東亜の開放の挫折」

四、国民の犠牲と抗戦への意思に対する配慮
  →しかし「万世の為に太平を開かむ」

五、内線への戒め
  →国体護持の確認
  →「朕最も之を戒む」

六、祖国再建への呼びかけ
  →「誓って国体の精華を発揚」

20130413-042811.jpg