パナソニック(National)シェーバーES8045の電池を交換してみた

愛用のシェーバー(National リニアスムーサーES8045)の電池がもたなくなった。
持ち歩きできなくなった。切れ味は悪くないが年数的には、そろそろ替え時だ。
充電池式の電化製品が溢れる今の時代には、よくある話だ。

携帯電話なら普通に裏蓋を開け、誰でも交換できるが、どういうわけか、
シェーバーのような防水タイプのものは簡単にはいかない。

電池交換はメーカー修理扱いになる。時間も手間も手数料もかかる。
Panasonicの場合、メーカー修理は4000円弱。これでは使い捨てる人が多いハズだ。

ネットで調べてみると、自分で簡単に交換できることが分かった。
注文はAmazonで、
「パナソニック シェーバー用蓄電池 ESLA50L2507N」を検索。

Amazon以外でも売っている。自分で安いところを探すとよい。
ちなみにAmazonは、880円の送料込み。(2013.12月)
注文から3日目にメール便で到着。

早速分解してみることに。
分解方法は→メーカーのHPにあるマニュアル←を参考にした。

IMG_4195

コンセント差込み部分の1個のネジを外すと左下の機種名の入った紺のキャップが外れる。
すると左上の紺のグリップが外れ、新たに4個のネジが見えてくる。
それを外すと右下のカバーが外れ、電池が載ったソケット部が現れる。

IMG_4193

↑これは取り外した電池(Nationalのロゴ)


IMG_4194

下が今回購入した電池。並べてみると新しいほうは印字が小さくなっているのがわかる。
と同時にNationalからPanasonicへ社名変更されている。

IMG_4197

ソケットに新しい電池をはめ込む。
+側が山になっていてソケットの形状も谷になっているので
+と-を間違えるとはまらないように組み込み時のミスを配慮した構造。

IMG_4201

分解した手順と逆に組み立てて出来上がり。
と思ったがヘッドをロックか解除(可動)か選ぶスイッチが側面ヘッド下にあるのだが、
これがどうなっていたかわからなくて小一時間ほど悩んだもうやだ〜 (悲しい顔)

言葉では難しいので写真を見てください。
IMG_4312
この部分

IMG_4309 IMG_4311
内側から拡大します。

白いプラスチックと紺のスイッチ。
これの組み合わせ方が一番難しかった。
これが最終形だとわかるまで、試行錯誤をどれだけ繰り返したことかあせあせ (飛び散る汗)

ともかく、このように嵌め込んで元の形に戻して・・・
2時間近くかかりました。わーい (嬉しい顔)

充電すると新品同様に復活ぴかぴか (新しい)
たぶん、持ち時間も問題ないでしょう。
これで古いシェーバーもまだまだ現役で使えると思います。

難易度
分解★☆☆☆☆
組立★★★★☆

この記事はお役に立てましたか?「パナソニックシェーバー電池交換」

投票せずに結果を見る

Loading ... Loading ...

貴方が愛用のシェーバーは? (複数選択可)

投票せずに結果を見る

Loading ... Loading ...

☆ご協力ありがとうございます♪

『パナソニック(National)シェーバーES8045の電池を交換してみた』へのコメント

  1. 名前:えいやあ 投稿日:2018/01/18(木) 17:50:30 ID:f50f19164 返信

    シェーバー ES8045 解体は安く、組み立ては難航
    確かに、ヘッド可動スイッチの組み戻しは厄介でした。
    私のES8045はこの画像と白い部品が若干違っていました、
    (爪の位置がこの画像だと中央付近でしたが私のは端っこにありました)
    画像を参考にし、爪が内側に向くようにして組み直しつつ10分程で完成
    ありがとうございました。