ショスタコーヴィチ 交響曲第5番「革命」第4楽章

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

阿部寛の主演ドラマ「結婚できない男」の中で主人公、桑野が自分の部屋のソファーで好物の牛乳を飲みながら指揮者に扮し大音量で音楽を聞く場面で使用されていた交響曲です。

だんだんとテンションが上がっていくところが実にかっこいいです。
主人公でなくとも腕を振りたくなる気持ちわかります。

このドラマは本当に面白かったです。脇を固める俳優もそれぞれ役にハマっていて
例えば、桑野のライバルの金田は高知東生でキャラそのもの。
車は2000GTで飲みつけのバーに連れてくる女は毎回違うという女好きで派手好きな建築家。

隣人のOLは可愛くて犬好きでちょっぴりおっちょこちょいな国仲涼子、桑野の設計事務所の顔で実質、事務所を取り仕切る頭が良く容姿端麗な高島礼子、行きつけの病院の美人女医役に夏川結衣。
桑野の母には母役をやらせたら右に出る者は思いつかない演技派、草笛光子、可愛いけどわがままな妹役に三浦理恵子、その夫役にどこか頼りのない尾美としのり、部下には今どきの青年、塚本高史を配するなど、周囲の役者が本当にいい味を出していました。