韓国外交部は慰安婦強制連行に”無数の証拠”と主張、”もはや世界中が知っている常識”

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

9月3日Yahoo!ニュースより

韓国外交部は慰安婦強制連行に“無数の証拠”と主張、韓国ネットは「まだ証拠を求めるのか?」「常識的に考えてカネのために・・」

XINHUA.JP 9月3日(水)18時10分配信

 

韓国各メディアの報道によると、2日に開かれた韓国外交部の定例記者会見で、報道官と一部日本メディアとの間で慰安婦問題に関する論争が交わされた。

会見の中では、朝日新聞が済州島で慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言を虚偽と認めて記事を取り消したことを受け、日本メディアの記者が「強制連行説を裏付ける主な根拠がなくなったが、韓国政府は日本軍が組織的に強制連行したと主張するのか」とただした。これに対し魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は「軍の強制性を立証しているものは無数にある。最も明白なのは被害者の証言」と回答した。

別の日本メディア記者が「強制性」の意味を確認すると、魯報道官は「皆さんが常識的に知っているもの」としたうえで、「証言もあり、証拠もあり、世界中が知っている。万人が知っていることは証明する必要がない」と反論した。さらに“無数の証拠”の例示を求められると「最近、中国で戦犯の供述書を公開している」と語った。

この会見の模様が伝えられると、韓国人ユーザーからは多くの日本批判の声が寄せられた。主なコメントを紹介しよう。

「これからは国家レベルで強く推し進めよう」

「実際日本人たちも知っています… ただ目を背けているだけ」

「日本人が我々を逆なでするたびに、1945年に日本の天皇が降伏を発表する放送を聴かせて過去を思い起こすようにせねば」

「日本はいいよな。先祖の罪にフタをしてくれる子孫が多くて。さぞ幸せだろう~~ やい!セシウムでも食らえ~~ 」

「認めることは認めろよ。なんで偉そうな口きけるんだ?」

「この日本人記者はとことん厚顔無恥。言葉遊びか?…軍による組織的な慰安所の設置、性奴隷の拉致を主導したとする証拠が厖大なのに、この記者は知らぬ存ぜぬ、か?… もっと言えば、当初お前たちは慰安婦の存在そのものを否定していた。その理由をまず書いてもらおう」

「資料をまとめて本を作って」

「常識的に考えて、慣習が保守的だった当時にカネのために体を売りに行くなど、話にならん。そんなことしたら女性としての人生がおしまい…。まったく情けない。意地を張るにも程度があるだろ」

「いい加減にしろ…。まだ証拠を求めるのか」

「万人が知っていても、国が消極的に取り組めば嘘も本当になる」

「被害者である元慰安婦のハルモニたちの証言があり、加害者である戦犯の日記や自白書があるのに、ほかにどんな証拠が要るんだ?日本が自ら持っていた戦時中の文書をすべて焼却したからといって、歴史を隠せるとでも?」

(編集 兼田)