ひこうき雲 – 荒井由実(松任谷由実)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


ひこうき雲 松任谷由実

ひこうき雲 – 荒井由実(松任谷由実)

1973年11月20日にリリースされたユーミンのファーストアルバム「ひこうき雲」に収録されているタイトル曲。すでに発売から年が経つ。

僕がユーミンを知ったのは「守ってあげたい」から。
「昨晩お会いしましょう」というアルバムを当時、なけなしの小遣いで買った。

中島みゆきも流行っていて好きだったが、中島みゆきとは全く異なる新しい感覚の音を新鮮な気持ちで聴いた。

次?のパールピアスも良かった。
当時ユーミンは「ニューミュージック」というジャンルに分けられていたが、そのジャンルを作り出したのはユーミン自身だと思う。

中1から高3くらいまでに聴く音楽は、ものすごい勢いで身体に染み付く。そんな時期に聴いたユーミン。いい曲はいつまでたっても色褪せない。

今、改めて当時の「ひこうき雲」を聞いてみると、今はもう聞けないユーミンの素朴な歌唱力と抜きん出た才能をまざまざと見せられる至極の1枚だと思う。

それにしても歌っている人が誰かわからないが、上手な歌い手だ。

[amazon_link asins=’B00005GMFM’ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’] [amazon_link asins=’B00CHDM89E’ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’] [amazon_link asins=’B0096KVMSY’ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’]