走り

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

早朝、近くの公園を走っている。

週末、審判で走る為だ。

朝の公園は気持ちの良いものだ。

今日は、少し遠出して県の運動公園を走ってみた。

ここは学生の頃、試合で訪れた思い出の場所。いつ来ても当時を思い出して新鮮な気持ちになる。

若い頃の記憶というのは、何十年経とうと新鮮なまま残るのものだ。先輩の顔も周囲の応援する光景もよく覚えている。

走ってみると一周するだけでかなりの距離だ。

二周して一息ついた。

審判で、きっちりと走りきる為には、普段からの準備が必要だ。

走ることは基本だ。

選手は審判員以上に普段から走っている。

その選手たちにゲーム本番できちんとジャッジしてあげられないようでは審判として以前に人間として失礼である。

朝早く走ることは気持ちが良い。

またいつかここに来よう。🏃