祝!県大会出場

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

県大会につながる大会は少年(4種)の場合、年に4回あります。

ひとつは新人戦。
もうひとつは全日本予選。
県選手権大会。
そして今年から加わった関東大会です。

この4つのうち、県選手権は、全チーム出場可能ですが、他の3つに関しては地区予選があります。

地区予選は3日間かけて行い、3日目には敗者復活戦が設定されています。
敗者復活戦は、厳しい戦いになることから、地区の審判委員会が重要な役どころを任されます。

僕が地区の審判委員会に審判技術向上と自己啓発のためにチームからボランティアとして参加し、活動を始めてから4年。初めてこの3日目に自チームとともに行けることが決まりました。

他の委員会の方は、皆さんチームも来ていることがほとんどで、自チームの結果を気になさっていましたが、自チームの来ない僕は特に気になるということはなく、少し覚めた目で試合を追っていました。

自分の子がふたりとも少年団を卒業し、今になって県大会というのも皮肉なものですね。
でも、元から自分の子というより、チーム、それにサッカーそのものに興味があったので、さほど気にしてません。

とにかく、チームが2日目で一位上がりとなり、県大会確定8チーム中に入れたことは嬉しく思います。
3日目は、この8チームでトーナメントを行い、地区シードを決めます。三位まではトロフィも出ます。

そこまで行かなくとも、チームが敗者復活戦でしのぎを削るハラハラした試合を見なくて済むことに感謝します。敗者復活戦は2日目2位のチーム8チームが5/8の復活枠をかけて戦います。

新しい部員は僕のことを知らない子が多く、同じチームの審判員として活動しているのを知りません。差し入れに行ったり、急に写真を撮りに行ったり、変わったおじさんだと思うのでしょうね。

まあ、そんなことどうだって構いませんが。

頑張れ、チームの子どもたち! そして県大会で思いっきり戦ってくるんだよ!!

祝!県大会出場!!

祝!県大会出場!!