バッテリー&ターミナルを交換

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

前回、バッテリーを交換してから3年半経ったので、新品に交換することにした。
距離にして45,000㌔。
そろころ寿命が来る頃だ。
車の消耗品の中でもバッテリーは、そのうちそのうちと先延ばしして、うっかり忘れがちだ。
前回はイエローハットでやってもらったのだが、自分で取り替えれば、半額で交換できる。
何事も節約だ。

アマゾンで探してみるとこんなにも安いのだ。
ベストセラー1位が日立の

[amazon_link asin=’B00C2J6U24′ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’]

2位がパナソニックのN60B19Lカオス。上のN40B19Lと同サイズながら高容量。
ただ、アイドリングストップ車には向かない。
36ヵ月または10万㎞ 製品保証 (何れかの早期到達保証)と手厚い補償がいい。

[amazon_link asin=’B00DR77JOS’ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’]

[rakuten id=”hc7:11757821″][/rakuten]

同じパナソニックでカオスではなくノーマルタイプもある。

[amazon_link asin=’B002Y08LSC’ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’]

楽天のが安いかも

[rakuten id=”ainekusu:10000788″][/rakuten]

しかし、いざ取り替えようとしたところ、マイナス側のターミナルがゆるんでいることに気付いた。
ターミナルがゆるんでいると最悪、走行中にエンストしてしまう。
ターミナルは柔らかい金属(アルミ?)で出来ているので、何度か付け替えを繰り返すと伸びてきてしまう。
近所のホームセンターに行くとエーモンのターミナルを見つけたのでそれに交換することにした。
[amazon_link asin=’B001VO0I2Y’ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’]
金メッキされていて質感は良いと思う。

IMG_6063
2つ入っているので、プラス側も交換しようとしたのだが、プラス側は特殊な形状をしているので諦めた。
IMG_6062

バッテリーのラベルに今日の交換した日付を入れて終了。

あると便利かも

バッテリーの寿命がわかるこんな商品を見つけた。
車内のダッシュボードに引き込めば、常にバッテリーの健康状態をチェックすることができる。
[amazon_link asin=’B00A2ZCXV2′ template=’my-amazon’ store=’italiana0e-22′ marketplace=’JP’]