CPUをXeonへ→処理能力UP – 自宅サーバー

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

先日、自宅サーバーのCPUをCore i ⅢからXeon E3に交換した。

処理能力は、デュアルコアからクアッドコア&8スレッドとなったことで格段にUPした。

現在、8つのWEBサイトをひとつのサーバーで運用しているが、すべてのサイトでWordPressを柱に作った為、PHPとMySQLの動的処理とで重くなりがちだ。

少しでも改善されればとの思いから少し高価だが、Xeonへと交換した。
管理画面の動きがスムーズになったので投資した分は効果があったと思う。

しかし暫くするとファンが常に全開状態になることに気づいた。
これは明らかに熱暴走の症状。

それまでの静音サーバーから爆音サーバーに生まれ変わってしまった。
何が原因か、暫く様子を見ていたのが、マザーボード上の位置関係を見直しているうちに気付いた。

なんとCPUファンの回転方向を勘違いし、逆付けしてしまっていたのである。

フロントパネルから背面に向かって進んでいく空気の流れに対し、CPUファンの排気をフロントパネル方向に向けて組んでしまった。

背面ファン←CPUファン→フロントパネルファン←

これでは1番高熱を吐くCPUの熱が篭ってしまって熱暴走するに決まっている。



初心者がやらかすような単純なミスである。何事も単純にはいかないものである。

【追記】
今回はCPUを交換したが、実は1年くらい前からサーバーの高速化に取り組んでいる。MySQLを5.1→5.5→5.7に。phpを5.2→5.4→7.1にアップグレード。SSD化はOSを入れ替えず、丸ごとクローンしたが、(玄人志向のクローン機を使用)、RAID1で組んでいるため、コピーしただけでは起動しなかった。
ソフトウェアRAIDなので、最初にRAID情報を書き込み、その上でクローンを作るという二重の手間が必要だ。WEBサイトを止めるのも難しく、入れ替える時間がないので進んでいない。止めないでやるにはアクセスの少ない深夜の作業になる。
そこで、メンテ用にもう一台、サーバーを組もうと考えている。OSも2008なので2012か2016で組もうと思っている。Linux系でも勿論良い。
RAIDを組んだHDDはもう5年近く使用しているのでいつ逝ってもおかしくない。
壊れる前になんとか間に合うと良いのだが。。。