100均で本当に必要なものだけ買って帰れるか?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

100均には日用品で便利なものがたくさん売っている。

なので、生活の中で何か足りないという時には、そう言えば100均にこれあったなぁ?とつい思い出しては寄ってしまう。

そこで、それだけ買って帰ればいいものを、レジに行くまでにそう言えば、あれも必要だったかな?ついでにこれも…と気付くと108円で済んだ買いものが500円以上買っていることがよくある。

そうやって買ってきたものは結局使わずに忘れてしまう事が多い。

そうなのだ。これこそが人間の深層心理をついた商売成功の秘訣なのである。

同じ雑貨店では、ドンキホーテが良い例だ。所狭しと並んだ商品は人間の購買意欲を掻き立てる。

これは、何の商売にも言えることだ。

例えば、飲食店。何かを食べに行きたいと思って行くのだが、あれ?セットメニューもあったのか、少し高くはなるけど、こっちにしようかな。

居酒屋で隣の席に美味しそうなものが運ばれて来れば、あれも食べたいな、すいません、隣の席と同じものを追加で…。

大きなショッピングモールに行けば、それはもっと顕著で、あら?こんな店あったんだ。あっ!これ、欲しいな。

1人が2人、そして家族で行ったとなれば、それが2倍、3倍、と、どんどん財布が軽くなっていく。

そうなのだ。人間とは気づかぬうちに無駄遣いをしてしまう生き物なのだ。

だから100均に入るときは「絶対に必要なものだけ買うぞ!」と心に決めて入らなければならない。

極端にいえば、108円だけ持って行くのだ。

それ以上、財布にあればきっとあなたは無駄なものを買うはめになる。

必要なものだけを買うという事は意外と難しいことなのである。

誘惑に負けない「固い意志」が必要なのである。