自浄能力のない日大に連盟が下した処分は妥当

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

世間を騒がせている日大アメフト部。

これだけ問題が明らかになっているにも関わらず、何も進展せず、いい加減呆れていた所に新しいニュースが入ってきた。

関東学生連盟が日大の前内田監督と井上コーチを除名処分。森コーチの資格剥奪。

何もできない日大に連盟が業を煮やした形だ。

加えて今季の全試合出場停止処分。

日大アメフト部選手一同から声明も発表された。

何もせず、指を咥えて見ているのは日大だけである。

内部のことはわからないが、内田前監督の権力が大きいのであろう。誰も何も言えないのだろう。

自浄能力さえ発揮できないとは、腐った組織である。

いくら歴史があろうとも努力せねば潰れるのは老舗の店や旅館と同じである。