マキタのラジオMR108修理に1ヶ月以上、修理代15,000円

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

先月の台風19号で仕事場の機械類が全部水没した。
エンジン関係の機械類はバラして乾かしてなんとかなったが、電気関係の機械類は全損した。

中でも仕事中、毎日聞いていたマキタのラジオ。
まだ買ってからそんなに使ってないし、なんとかならないのかと近くのマキタ の営業所に持っていった。いわゆる持ち込み修理だ。


持っていってから10日ほど過ぎた頃、
「乾かしてみたけど動かないので部品交換が必要です。修理しますか?」
と担当者から電話があった。

交換は「基盤」と「スピーカー」

スピーカーは乾かせば問題ないと思うが、メーカーが言うので承諾。
修理代はだいたい15,000円かかるという。

新しく買ってもAmazonで17,905円(2019.11.16時点)
あと3,000円で新品が買える。

まだ買ったばかりなので少しでも安い方と思い修理依頼したが、先月の10月17日に修理に出して今日は11月18日。

未だに修理完了の連絡無し。

修理と言っても部品交換だけなのに完了するまでに30日以上もかかり、買ったほうが安いのでは?というような修理代。

マキタの電動工具には色々と世話になっているが今回は保証もなく、時間もかかり、メーカーの対応に少しがっかりした。

部品交換で1ヶ月以上。新しく買った方が良かった。